喫煙女性は結婚できる?

世の男性の何%が喫煙女性を結婚対象と考えるか?

一般的に、喫煙習慣のある女性を、恋愛や結婚の対象として考えない男性は結構いると思われています。

 

実際のところ、どうなのでしょうか?
結婚相手を探している婚活中の男性は、喫煙女性を結婚相手として考えていないのでしょうか?

 

ということで、婚活中の男性の調査結果を調べてみました。
ここでは例として「年齢30歳・身長160cm・年収300万円・学歴短大卒・普通体型・結婚暦なし」の女性を想定しました。

 

この女性の喫煙習慣の有無で、結婚したいかどうかを質問したところ、
「喫煙習慣なし」の女性と結婚したい男性100名(100%)に対し、
「喫煙習慣あり」の女性と結婚したい男性は19%でした。

 

この割合は、年齢や学歴など、想定したプロフィールが違っていても、ほとんど差はないと思われます。

 

ちなみに、この反対に、喫煙男性に対する女性の意識を調査したところ、
「喫煙習慣なし」の男性と結婚したい女性100名(100%)に対し、
「喫煙習慣あり」の男性と結婚したい女性は15%でした。

 

異性の喫煙習慣に対する目は、男性よりも女性のほうがやや厳しいようです(@_@)

 

まとめ

  • 男女とも、喫煙習慣がある場合、確率的に婚活が5倍不利になってしまう!

 

考察 - 一般論では喫煙は結婚のチャンスを減らすかもしれませんが・・・

今回の調査では、喫煙者には厳しい結果となってしまいましたが、実際には、回答する側の人が喫煙者か非喫煙者かで傾向はかなり違うと思われます。

 

つまり、喫煙男性であれば、喫煙女性でもOKというケースが多いでしょうし、非喫煙男性ならNGというケースが多いでしょう。
ただ、調査結果は、回答する人の生活習慣などについては全く分りません。

 

ちなみにJTの調査では、2014年の成人の喫煙率は男性30.3%、女性9.8%、平均19.7%だそうです(引用)。

 

単純に考えると、タバコを吸う女性は10人に1人。
そして、タバコを吸う女性との結婚をOKとする男性は10人に2人。
確率的には、そんなに悲観しなくても大丈夫かもですね。

 

もっとも、実際には気になる男性がどう思っているかどうかが問題なのですが(汗)
こればっかりは、彼自身の考えを聞いてみなければ分りませんよね。。

 

まだ将来のダンナさん候補が見つかっていないという人は、10人に2人はOKなのですから、とにかく積極的に探していれば結構すぐに見つかるでしょう!


婚活の一番大事な決め手は「相性の合う異性とのマッチング」です。

年齢や収入、外見、学歴などは最初の条件として考慮するかとは思いますが、そこに縛られて、本当に自分にピッタリと合う人と出会うチャンスを逃したくないものですね!

少しだけ「こだわり条件」をゆるめて、広い視野で相手を探してみませんか?

会員数が多く、運営体制もしっかりしているおすすめ婚活サイト一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加